印刷

お知らせ?情報

令和2年度新任図書館長研修を開講

2020/09/04

筑波大学図書館情報メディア系では、9月1日(火)~9月4日(金)の4日間、全国の都道府県?指定都市教育委員会から推薦された、主に就任1年未満の公立図書館長等を対象とした「令和2年度新任図書館長研修」を開講しました。

本研修は、文部科学省との共同主催により、図書館の管理運営やサービスに関する専門知識、図書館を取り巻く社会の動向等を提供し、図書館運営の責任者としての力量を高めてもらうことを目的として毎年開催しているもので、共催機関には、国立教育政策研究所社会教育実践研究センター及び公益社団法人日本図書館協会が名を連ね、4機関の協力のもとに行われています。

今年は、球天下体育app下载感染症の感染拡大防止のため、受講者、講師他関係者が、3つの密(密集、密接、密閉)を避け、受講者全員(193人)がインターネット配信を視聴する方法となりました。
講師には、学内外の大学教員、企業人、国公立図書館の館長などをお招きし、自室からのライブ講義やあらかじめ録画した講義映像の配信などで対応していただきました。最終日のパネルディスカッション「図書館の現状と課題」では、主会場である本学と3つの公共図書館をオンラインでつなぎ、活発な意見交換の様子がライブ配信されました。

研修開始初日には、沖縄県に台風の影響による暴風警報が発令されたり、最終日には、福井県で震度5の地震が発生するなど自然災害にも直面しましたが、受講した参加者からは、カリキュラムの終了ごとに主会場に設置されたFAXに次々と質問が届き、配信される映像と事前に配付された講義資料により、熱心に耳を傾けている様子が伺えました。

なお、本研修の受講者に対しては、後日、出席状況やレポートの内容を勘案して、文部科学省から修了証書が授与されます。

(新宿区立大久保図書館 米田館長による講義(事前録画))


(吉田教授による講義(事前録画))


(池内准教授が司会進行したパネルディスカッション(WEB会議システム))

このページのトップへ