印刷

お知らせ?情報

宇宙滞在による免疫機能低下の機構を解明 -無重力環境が引き起こす胸腺の萎縮と人工重力による軽減-

2019/12/27

理化学研究所、、筑波大学、宇宙航空研究開発機構、東京大学の共同研究グループは、宇宙の無重力環境を経験することにより、リンパ器官である「胸腺」が萎縮すること、その萎縮は人工的な重力負荷で軽減されること、また、胸腺細胞の増殖が抑制されることによって萎縮が起きるという仕組みを発見しました。

これまで、宇宙滞在による免疫機能の低下が報告されてきましたが、その機構については多くが分かっていません。本研究成果は、免疫機能に関与する胸腺と重力の関係を明らかにするもので、将来の月?火星有人探査や民間の宇宙旅行などの際に必要な健康管理や、免疫系異常の予防に貢献すると期待できます。

図 飼育環境の異なるマウスの胸腺構造の比較
胸腺組織の免疫組織染色図、緑が髄質の上皮細胞、赤が皮質の上皮細胞を示している。髄質領域に存在する上皮細胞の一部が、無重力飼育マウスでは異所的に皮質領域で点在している。この点在異常は、人工1G飼育マウスの胸腺では見られないことが分かる。スケールバー(白線)は100μm。

PDF資料

このページのトップへ