印刷

大学案内

大学の取り組み
球天下体育app下载感染症の状況を踏まえた活動形態の変更方針に基づく学修環境の準備について

令和2年5月29日

学群学生
大学院学生 各位

教育担当副学長 清水 諭
学生担当副学長 佐藤 忍


 令和2年5月25日付けで、政府の緊急事態宣言の全面解除が発表されました。「球天下体育app下载感染症対策の基本的対処方針」が改定され、6月18日までの3週間程度は一部首都圏(東京、千葉、埼玉、神奈川)、北海道との間の移動は慎重に対応するよう一定の移行期間が示されています。
 これを受けて、本学では、大学ホームページに5月27日付けで掲載した「政府の緊急事態宣言の解除に伴う本学の対応について」によりお知らせしたとおり、6月19日(金)をキャンパスへの入構等を可能とする候補日としています。なお、この候補日は、一定程度の安定した状態で推移することを前提にしています。
 併せて、以下の点を確認し、さらに所属する各教育組織が発する情報、連絡事項に注意していただきますようお願いします。

(1)春学期の授業(8月7日まで)はオンラインのみで行います。そのため、学生の皆さんは慌てて学修環境を整える移動(引越など)をする必要はありません。

(2)実験?実習、実技等については、開講時期?開講方法など変更が必要になり、8月下旬から9月に行う可能性があります。実家等の遠隔地に居住している方は、教育組織や授業担当教員からの連絡に注意し、移動(引越など)のタイミングを検討してください。

(3)大学院生や学群4年生については、8月7日以前であっても、学生の皆さんの環境やその他諸条件が整った場合には、研究室単位等で、大学構内で実施する対面での研究指導を段階的に再開することがあります。教育組織や授業担当教員からの指示や連絡事項等を確認してください。

(4)授業以外の施設や活動の再開状況については、「球天下体育app下载感染症への対応(まとめ)」に随時、情報が上がりますので、参考にしてください。

(5)大学構内での授業実施に戻す時期の判断をするため、皆さんの居住状況等(大学近辺/その他の地域/東京圏(東京?千葉?埼玉?神奈川)からの通学)を教育組織ごとに把握しますので、調査などがありましたら回答してください。

(6)学生の皆さんには、「自ら感染しない、他人に感染させない」といった感染を拡大しない適切な行動として、各自がキャンパスに入構する日の直近14日間の健康観察記録を付け、その記録表は担当教員(授業担当教員、指導教員等)に提示できるよう携帯してください。14日間、平熱が保たれ風邪症状がなければ入構を可能とします。

(7)学生宿舎への入居手続きについては、おって大学HPに掲載するとともに、入居予定者に対し連絡いたします。

連絡先

1.授業等についてクラス担任、指導教員、授業担当教員等の指示をお待ちください。また、不安や不明な点があれば、クラス担任、指導教員等に相談してください。上記の連絡方法が分からない場合等、学修に関しては、下記へご相談ください。

教育推進部 教育機構支援課
029-853-2259

2.学生生活?学生宿舎については、下記へご相談ください。

学生部 学生生活課
029-853-2223

このページのトップへ